人間関係が上手い人の特徴とは?

人間関係が上手い人の特徴とは?

日々の生活を送るうえで切っても切り離せないのが人間関係です。

それゆえに人間関係が良好であれば、生活の質が上がり、日常で起こった問題も解決しやすくなります。

それは、家庭のみならず職場でも同様のことが言えます。

本記事では、人間関係を築くのが上手い人の特徴やメリットについてお伝えします。

人間関係がいいことはメリットばかり

人間関係がいいことはメリットばかりです。

逆にデメリットのほうを探すほうが難しいです。

場所を問わず家や職場においてもその効果は絶大です。

日々の生活をしていく中で、必ず関わりを持たなくてはならない人間関係で、その関係が良好であることは、日々の生活の質を向上させることにつながります。

職場で人間関係がいいことのメリット

では職場でのメリットについてお伝えします。

職場は考え方も生活環境も異なる他者が集まる場所です。

それゆえに問題が発生したり、意見が食い違ったり、人間関係が悩みでストレスを抱えている方も多いことでしょう。

その中で職場の人間関係がいいことは以下のようなメリットがあります。

コミュニケーションが円滑になる

意見も生活環境も違う他者の集まりである職場では、信頼関係を築いていくことが重要になってきます。

職場では心理的に安心できる場所の確保が必要になってくるためです。

信頼関係を築くためにはコミュニケーションが必要になってきますが、心理的に安心できる場所がなくては、緊張してうまく相手に言いたいことが伝わらなかったり、うまくコミュニケーションできないことがストレスになったりする可能性があります。

そのため、いざというときに頼れる人の存在が必要です。

心理的に安心できる場所があることで、安心してコミュニケーションができ、結果的に円滑なコミュニケーションにつながります。

相談や質問がしやすい環境になる

仕事は一人だけでなく、周りも巻き込んで組織として動いていくこともが大切です。

仕事の進捗状況や業務量の調整など、周囲の人に自分の状況を話していくことが重要になってきます。

ここで信頼関係があることで、オープンで話しやすい環境になり、相談や質問がしやすくなります。

成果を上げやすくなる

信頼関係のある職場内では、心理的に安心して行動ができるため、成果につながりやすいです。

会議では相手を信頼しているため意見交換がしやすい環境となります。

それが建設的な議論に繋がります。

よって、仕事をしやすい環境になるため、各個人の成果に繋がるだけでなく、円滑なコミュニケーションにより時間の削減にもつながります。

仕事で信頼関係を築くのが上手い人の特徴とコミュニケーションのポイント|グロービスキャリアノート https://mba.globis.ac.jp/careernote/1455.html

よい人間関係を築いている人がやっていること

では、よい人間関係を築いている人の行動にはどのようなことがあるのでしょうか。

あなたの身のまわりにも世渡り上手だと思える人がいることでしょう。

その人は何か特別なことをしているわけではありません。

ただ、よい人間関係を築いている人たちの特徴を実践しているだけなのです。

その特徴を捉え、人間関係で悩んでいる人もぜひ参考にしてください。

相手のことを常に知ろうとしている

良い人間関係を築いている人は、常に相手のことを考えて行動しています。

相手の状況や立場など、多面的に理解しようとしています。

行動する前に一度冷静に考えてから行動に移しているため、空気が読めるといった評価を受けていることでしょう。

相手のことを思いやる

仕事であれば周囲を見て、困っている人がいれば手を差し伸べます。

見返りを求めているわけではなく、当然のこととして行動しています。

またクッション言葉を置いて、相手の状況に配慮した行動をしています。

周囲をほめる

人には長所と短所がありますが、長所に対して相手のことを褒めます。

そうすることで、相手を尊重し価値が高まることに繋がります。

また職場に関してみれば、周囲を尊重し働きやすい環境づくりに貢献しています。

さらに、一緒に仕事をしていた仲間が職場でミスをしたとしてもミスしたことを責めず、励まし、ミスした原因が何だったかを追求します。

マニュアルによるものなのか、人為的に起こるべくして起こったものなのか。

客観的に物事を考えます。

自分から挨拶をする

積極的に自分から声をかけることで、相手には好印象を与えます。

この際、挨拶という言語的なコミュニケーション以外にも、身だしなみや表情といった非言語的な部分も相手に伝わるため、重要になってきます。

笑顔で元気に挨拶することも大切にしましょう。

コミュニケーション能力が高い

話し上手ので聞き上手な人が多いです。

誰とでも比較的早い段階で打ち解けられています。

ちょっとした会話を大事にし、周囲との調和がとれるように交流します。

この時相手との距離を縮めるために、自らプライベートを話していき、相手も話しやすい環境を整えていきます。

また、仕事において、少しのことでイライラしたり、意見されてすぐ、反論したりしません。

まして、否定的な言葉で反論するようなこともしません。

まず、相手の話を聞いたうえで、どうしてそのように考えたのか詳細に聞いていきます。

決して自分の主張を押し付けるようなことはしません。

結果として仕事では信頼感を持たれ、仕事を任されたり、相談されたりしていることでしょう。

礼儀正しい

マナーを守って、尊敬や感謝の気持ちをもって相手に接します。

「親しき仲にも礼儀あり」いうことわざもありますが、相手に失礼のないような行動をしています。

要領がよい

何でも卒なくこなしていると思えるでしょうが、その行動には準備をしているのです。

優先順位をつけ、何から行動していけばよいか、自分の中で明確に区別しているのです。

そのため、約束など時間厳守で責任感を持った行動をしていますが、それは要領がよいのです。

手を抜けるところは抜いています。

責任感がある

時間や約束を守り、自分の行動には責任感を持って行動しています。

仕事では確認漏れのリスクのあることは、メール等では済ませず、電話などで直接確認を取ります。

また自分のミスは直接謝ります。

それが難しい場合は電話などで対応し、決してメールで済ませません。

自分の意志に一貫性がある

自分の軸がはっきりしており、自分らしく自然にふるまっています。

周囲に合わせて無理に自分の意志を曲げるようなことはしません。

結果的に堂々としているように見えます。

また仕事では公私混同せず、オン・オフの区別をはっきりとさせています。

そのため、プライベートの時間を職場の飲み会などの人付き合いに費やすようなことは避けます。

もちろん、参加しなければならないときは参加しますが、希薄な関係性を築こうとしません。

人間関係が上手い人に共通する特徴。

彼等が絶対にやらない”あること”とは? – オトコのルール。

https://otokonorule.net/ningenkankei_umaihito/
世渡り上手な人に共通する20の特徴 | TABI LABO https://tabi-labo.com/216484/worldly-good-ppl

関係性を築くのは地道にコツコツと努力が必要ですが、関係性が崩れるのは一瞬です。

本記事で記載したことを踏まえて、より良い人間関係が築けるよう心がけてみてみてはいかがでしょうか。